ハルジオン。

霜が降りて、あぜ道の野の花もおやすみです。

P1030300


今年も連れてきてしまった。

最後の野の花。
水を替えるたびに水切りをして

終わったお花や黄色くなった葉っぱをお掃除して

短くなってゆくにつれて花器も選んで活けなおして

・・・こうして来年まで楽しめます。

スポンサーサイト

シャロムの朝の恒例行事。

○6:00~モーニングヨーガに参加。

呼吸を深く、自分のからだと向きあって
のびのび、リラーックス・・。気持ちいいっ。
ちかちゃんアリガトウ。

○7:00~エコツアーに参加。
P1030331
朝日を浴びて。

自然の生態系が永久的に維持できる
生活環境を作り出すための循環の流れを追いながら
シャロムの在り方を深く知る。


実践している方のお話は本当に身に染みます。
臼井さんは楽しそうに語ってくださる。しかも薄着で。
(寒かったヨ・・。)

わたしは、近くだから泊まんないでいたが
シャロムに泊まるということは、今を知るということかと思った。

「今」とは。大変。

大変とは、「大きく変わる瞬間」だということ。

これから大変だ~!

P1030333

感謝でいっぱい。
スタッフのみなさま、突然でお世話になりました。
お弁当をアリガトウ。

今日もアリガトウゴザイマス。

シャロムヒュッテでお泊り。

穂高の重要人物T氏をお誘いして

シャロムのディナーに行きましたらば

オーナーの臼井さんから宿泊のご招待をお受けしました。
有難く。

なんだか近すぎて泊まりたいけど泊まるまでいかなかった
憧れの宿。シャロムヒュッテ。

ゲストのみなさんとおこたにあたってみかんを食べて
臼井さんのお話にアハハオホホ過ごしました。

時には真剣なお話も混ざり合い、臼井さん節はテンポがよい。
チャンネルがカチャカチャかわる。
時代もかわる。わかる。わかんない。

P1030320

暖かなお部屋が用意されており
私たちは旅人となって、
窓から外をながめ眠りました。アリガトウ。


~さて、その日のディナーメニューはこちら~

P1030313
石窯で焼いた、フォカッチャ。おそうじパン。
これでお皿をキレイにして、お台所では洗剤いらずです。

P1030307
豆ときのこのテリーヌ。全部野菜で作られているとは信じられない。

P1030308
白菜とごぼうのスープ。ごぼうは桜のチップで燻製してあって、まるでベーコンのよう。
重ね煮で調理してあり、味付けは塩のみだそうです。だけど奥行きがあり美味しかったです。

P1030309
メインは大根と紫いものソテー。ソースはバルサミコ酢をいろいろ煮詰めた物だったかな?

P1030310
ご飯は、酵素玄米に人参の葉と松の実を入れて炒めたもの。

P1030312
デザートは、さつまいものケーキに豆腐クリームのせ。あと玄米コーヒー。

P1030314
こちらは「あずけばち」。
食べきれない物、苦手なものをここに載せ、食べられる人が取って食べるシステム。
もし、お客さんも食べられなければスタッフで食べ、残飯としては出さない。いいです。

とってもおいしかったです。
ご馳走様でした。

今日もアリガトウゴザイマス。

けつろ。

P1030284

 

朝は キュッキュと 露あつめ。

台所コミュニティー☆てんとう虫

地球宿の台所を担当している名シェフでもあり、

宿のお仕事とかけもちで、この忙しい季節を共に

乗り換えてくれたふじもりスタッフのまさちゃん

P1030237

 

楽しいコミュニティーを発足して、早速始動開始しております。

 

とにかく私の家に集まって、

皆でやれば楽しい事、

生活が心が豊かになる事、

土とつながり自然を感じて

食べること生きることに感謝する事に繋がれば

なんでもありのコミュニティーです。

 

自然な流れに身を任せ~
柔軟で素直~なまさちゃんのコミュニティー。

 

たのしいこと閃いたらまさちゃんにどんどん提案してくださいネ。

 

台所コミュニティー主催 さとう まさこ

お問い合わせTEL080-6540-3102

e-mail hatakedecafe@yahoo.co.jp

blog http://ameblo.jp/hatakedecafe/

盃にどんぐり

P1030252

底の方で10ひきホド。まるまっています。

どんぐりの主。

 

これを見て

「あ、わたしも飼っています。」と言ったお客さんが

今のところ、ひとりおられました。

自給自足の暮らし。

自給自足ライフの竹内さんご夫婦から

畑からの採れたての野菜や、すりたての新米、

日本みつばちのハチミツのビン詰めなど

手づくり尽くしのおみやげを頂戴しました。

P1030236

自給自足の暮らしは、時間と手間がかかるだろうけど

喜びでいっぱい。

 

自然農・自然農法で育てる喜び、

食べる喜びを伝えてくれるおふたり。

 

いつも、ありがとう。

あづみの自然農塾inふじもり

みんなで育てたそば。

 

石臼で挽いたばかりの貴重な粉を持って

あずみの自然農塾のみなさんが、シャロムの畑から

おそばを打ちにきてくださいました。

 

P1030206

はじめはとしきが打って、二回目をみんなで打ちました。

P1030210

自給自足ライフの竹内さんも奮闘中↑。

P1030213

新そばを祝います。(夜の店内は暗いのです。)

 

おそばを収穫して食べるまでのみちのりは

ほんとうに地道な作業の重なりだと思います。

感謝して、わたしたちもお相伴に預かりました。

「おつかれさま~。」

太いお蕎麦はかみしめたときの味わいが深くて

毎年ながら、ほんとうに美味しい!

 

ご馳走様です。

 

アリガトウゴザイマス。

「安曇野スタイル」ありがとう。

5日間が過ぎていました。

 

P1030149

安曇野スタイルに参加して

miwapotteryさんと手をつなぎ

クッキーを焼いてくれたアヤちゃんと手をつなぎ

お野菜を届けてくれたマキちゃんと手をつなぎ

とても楽しい「安曇野スタイル」でした。

 

そして、チラシを置いてくださった

お店のみなさんや

チラシを置かせていただいた

お店のみなさんともつながって

とても嬉しく思いました。

 

いろいろなカタチ。

いろいろな企画。

 

いい機会を得た5日間となりました。

 

ご来店いただいたみなさま

楽しんでいただけましたでしょうか。

混雑の時はバタバタしておりましてすみませんでした。

 

アリガトウゴザイマス。

松崎和紙の箸置き。

そば粉を丸めたおだんごのみたいだったり

蕎麦殻模様をした箸置きがコロコロと・・・。

 

P1030146 

 

スタイル巡りの途中、立ち寄っていってくださった

手づくりの暮らしを楽しんでおられるYさんより

大町の「松崎和紙」で作った箸置きをいただきました。

 

和紙の手触りが柔らかくって温かいのです。

 

アリガトウゴザイマス。

いろいろならびました。

 

P1030111
miwapotteryの陶器たち。
P1030116
こちらのお皿には、焼きみそを添えておだししています。
P1030109

ラベンダー手づくり石けん。

P1030092

みんなかわいい。まきちゃんカボチャ。

P1030096 

当店のそばにちなんで、そば粉九割のクッキーを

以前お店を手伝ってくれていたアヤちゃんが焼いてくれました。

その名も「九一そばクッキー」。新そばで新作です!

サクサク香ばしく、かめばかむほどに味わい深いクッキー。

 

いろいろならび

いつもとちがうカタチを楽しんでいます。

 

アリガトウ。

ゆくりりっく ワンマンコンサート 2010/12/25

xmas_top_img

クリスマスの12月25日
ゆくりりっくの初コンサートがあります。
会場は松本市民芸術館・主ホール。
今、ゆくりりっくのHPでチケット予約すると、いろいろ特典があるので
おすすめです。


あと、ゆくりりっくのファーストアルバム「ことだまがゆく」 全国発売中!
店内でも時々CDをかけていますよ。
「声をかけてくださればCDをいつでもおかけします」とコーナーに書きましたら
かけてほしいとたくさんのお客様からお声をいただいております。
アリガトウ。
ふまちゃんのやさしい声、ココロをこめたコトバの響き、
やさしい風のように流れゆくアコースティック音楽・・・すてきです。



★ゆくりりっくコンサート★
「きみにありがとう」

@まつもと市民芸術館・主ホール

2010年12月25日 土曜日
開場13:00
開演14:00

出演:
ゆくりりっく
あづみのジャグバンド
信濃スパイラルクワイア
Acoustics & Soul Gang
Karamushi
Yukalicious

 

 


ゆくりりっくHP
クリスマスコンサートのHP

東京みやげ

P1030199

わたし、シールをきれーにはがして

包装紙をとっとくひと。

おとなりさんは、なんでもクシャクシャポイ。