2/26 ピエタ朗読会 主演 春口あい

2/26(土)に、春口あいさんの、朗読会「ピエタ」を開きます。
詳しくは過去のブログにて。

さて、今回は、春口あいさんが、自身の紹介文を書いてくださいました。
以下、紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安曇野で『ピエタ』物語

初めまして。春口あいと申します。役者や、ヨガの教室などをしております。

この度、ご縁を頂きまして、安曇野の地で朗読会をさせて頂くことになりました。
どんな縁があったかのかというと、完全に人のご縁。
それだけです。

私にとって、安曇野は、今まで若い人々が移住してゆく土地、と言う認識しかなく、噂では若いアーティストの方も多いとか。そういう場所の提供も盛んであるとか。そういう『情報』だけの存在でした。

ところが昨年末、松本在住の方と東京でお会いして、今回ツアーをしている浅田次郎さん原作の『ピエタ』のチラシをお見せすると、『この作品に似合いそうないいお蕎麦屋さんが安曇野にありますよ』と教えて下さいました。

とはいっても、当のお店の方に会ってみないと、、、と、初めての安曇野へ行ってみると・・・。

『おそば ふじもり』へと案内されたのでした。
ご夫婦ともに、来訪者への壁を感じない、優しいかた。
「しばらくイベントはお受けしてないんですよ」とおっしゃていましたが、なんだか奥さんの幸恵さんとは、初めてあった気がしないような。。。何とも宇宙でちゃんと用意されていた出会いのような気がしました。
お店はもちろん素敵、お蕎麦もお料理の数々も素敵、すっかり一目惚れです。
しかも、夜には枇杷灸の岩村先生のご紹介で、ライブに行きました。“ゆくりりっく”さんのライブです。踊りだす人々、気持ちよく挨拶を交わす空間、だれも背伸びしてなく、虚勢をはってなく、自然と『楽しむ』ことを共有してるみなさん。
チラシを渡しても、面倒くさい顔一つせず、もらってくださる。
東京とはまた違った温かさを感じました。

ここでやりたい。やろう。やっちゃうなこれ。

そう想い、東京へ帰りました。

その後も、素敵なお蕎麦屋さんを紹介して頂いた、というと、安曇野を紹介して下さった方々、口を合わせたかのように『ふじもりさん?』とおっしゃいます。
皆さんにこれだけ認識されているお蕎麦やさんを紹介して頂いていることに驚きました。

そうして足を運ぶこと3回。4回目の2月26日、とうとう
『ピエタ』朗読会をします。

私は役者です。
だけど、芸能人ではありません。
芸能人を目指したこともありました。
大河ドラマに出させて頂いたこともありました。
今『明日のジョー』で話題の、ちばてつや先生が一人芝居に足を運んで下さったこともありました。
コマーシャルで笑顔で出てたこともありました。
でもでも、目の前のお客さんの涙と笑いと、感動にはかないませんでした。だから、もっと身近に、気軽に楽しんで頂く、朗読会というスタイルも好きになりました。
自分で作品を選ぶことが増えました。観て下さるかたの生き様や、感受性や、これから出会う人に何を感じてもらいたいか、想像しながら、責任と覚悟をもって選びます。
人の心の健やかさの為に、お役に立てたらと思っています。

演じること、健やかなこと、幸せなこと。
全部、私で、地球で、宇宙。

これは今、独り立ちした私が心に携えているキャッチフレーズです。

実は同時に、
そして、その全部が、あなた。

と思っています。

特に朗読会は、私の言葉で、皆さんが世界を作ります。参加型です。
自然と世界が見えるように、万全の準備で私は言葉に息吹を吹き込みます。

あとは、あなたの心に見える風景を楽しんで下さい。

この作品が必要な方が、ふじもりへ訪れて下さると思っています。

愛する人が、いらっしゃいますか?

いれっしゃれば、おそらく大抵の方が心をふるわせて堪能出来る作品です。大丈夫です。芸術に疎遠でも、本を普段読まなくても、大丈夫です。

わたしは、この小説を読んで、東京の電車のなかで、ぽろぽろと泣きました。心がドキドキしました。

今度は皆さんの番です。

初めての地方公演、安曇野の地でデビュー出来ることを、深く深く感謝しています。
長文おつきあいくださり、ありがとうございました。


24日に、信濃毎日新聞社さんのタウン情報にも掲載されます。ぜひ、ご覧になってください。

そして、よかったら、ふじもりへ、ご予約のお電話を。プリンの数が、足りるように。

 

春口 あい
(オフィシャルサイトもご覧ください!『AI Cafe Gaia』で検索♪)

<おまけ>
東京の会場で宣伝された『ピエタ』の紹介文です。

ピエタ・・・あなたはピエタを知っ ていますか?イエスの母マリアは、十字架から降ろされるイエスの亡骸をその両手で抱きとめている姿、それがピエタ像です。
天の母マリア様はその姿から私達にどのような メッセージを下さっているのでしょうか?
私達は人生の中で大小様々な試練にぶつかって生きています。その中で最も難しいのが許しではないでしょうか。天 の母マリアは天の計らいを受け入れイエスを処刑した人々さえも許し愛するのでした。そのピエタを題名とした浅田次郎の短編小説を素晴らしい女優春口あいさ んが朗読してくれます。この月船のある国立、一橋大学、中央線沿線を舞台に私達の心に「許しとは」「愛するとは」と問いかけてくれます。そして春口あいさ んはまさに母マリア様の「愛と許し」を魂で受け取りお客様一人一人にその波動を美しい「言霊」で伝えてくれます。

どうぞこの企画をお見逃しなくご来場をお待ち しております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あいさんとのありがたいご縁に感謝。
きっと朗読会でもすてきなめぐり合わせが生まれることと思います。
有明の冬の夜は暗くて静かでまだ寒いですが
会場を暖かくして、繭灯りを燈して
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
アリガトウゴザイマス。

2月26日(土)
○18時より
○お茶(プリン)付き 2000円

■演出 杉本 孝司
■出演 春口 あい

■ピアノ 柳平 淳哉

原作:浅田次郎著 「ピエタ」 (月のしずく所収) 文春文庫 刊
企画協力:文藝春秋

~ローマで再開を果たし、
サンピエトロ大聖堂のピエタ像を前にする母と娘。
浅田次郎珠玉の短編「ピエタ」に息吹が吹き込まれます~

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)