時間をかけて造る。

るりこう庵の台所は三和土(たたき)仕上げ。
予告どうり、三和土作業に参加してきました。


こうして土のお山に、石灰とにがりを混ぜまして
ならしてたたいてゆく。


これで。


たたく。


たたく。


たたく。

嗚呼っ。なんて原始的。

最後に霧吹きで水をまいて、ブルーシートでおやすみ。
こうして地面から上がってくる湿度と上から踏み固めていく
圧力で、時間をかけて固くなってゆくのだそうです。

「時間をかけて」

近くで手に入る材料で、職人さんの経験と知恵で造る「三和土」
古くから日本に残る伝統的な工法でありましょうが、この「時間をかけて」
が現代では合わなくってコンクリートに替わってしまったのかなあ。

単純で楽しかった。
太鼓たたく人が一緒に居たらもっと面白かったかも~。

こうしたマニアックな職人さんが近くで活躍しておられて、
そして出会えたことがなによりもの幸運でした。

ありがとうございます。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)