十月の窯焚き。

また燃えておりました、山の中で。



炎を浴びて

おさまったら薪くべて。

また照らされて。

山ではずっとそうして過ごします。



おっ。見慣れたおふたりさん。

そう。今回道づれなのです。キシシ。

お蕎麦屋さんのお手伝いを終えてから

山に登ってきてくれて、お疲れのところに

耐熱エプロンを着せてしまったという・・・。

まあ、けれど、お酒もビールもあるよっ。



仲間の差し入れは内容がこゆいデス。

松茸をオキで焼いて、日本酒にチャポン。

くーっ、初物。

猪の肉を焼いたり、



ホイップのような天然ハチミツの差し入れに感動したり

現地調達のきのこを入れたうどんをこさえたり。

自然の恵みでテーブルが満たされる。

心も。

あ。

朝だ。

完徹。

おつかれさま。

今日もありがとう。

次の仲間にバトンタッチして

元気に山をおりました。



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)