「畑から~お皿へ~。」 その伍


石臼へゆく前の最後の工程、「石抜き」。

これも機械まかせですが、この機械は安曇野のお店で
自家製粉を始めた時に購入しました。

「石抜き選穀機」



小石や釘などの異物が混ざった玄そばを
石臼で挽いてしまっては大変です。

品質のよい、おいしいおそばを打つには、
この石抜きの作業を入念に行わなければ
なりません。

ハンドピックなんてムリムリ。機械サマサマ。



「あふ~。やっと石臼ですか?」

お皿への道のりはまだ遠いのであった・・・。







つづく。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)