青森の郷土食 「かっけ」

現場の厳しかった寒さもなんとか無事に峠を越し
みなさん元気に春を迎えております。

今日はお大工さんに現場でお昼をごちそうになりました。

青森の郷土食 「かっけ」です。
青森のお大工さんが取り寄せてくれたという、
なかなかお目にかかれない珍しい粉モノ!


そば粉と小麦粉の二種類あり、食感が違います。
別名「つつけ」
囲炉裏を囲んで食べるのだって。そんな感じ~。



沸騰した鍋に、厚めに切ったいちょう切りの大根を入れ
この、かっけを一枚一枚くっつかないように投入。
大根はかっけ同志がくっつかないようにするためです。


ロケットストーブがすごい火力で感激。

さあさあ、各自手持ちのお椀にお味噌とすりおろした
生ニンニクをお好みで入れて待ちます。

火が通るとかっけが浮いてくるので、箸でつかまえて
あつあつをニンニク味噌をつけて「いただきます~!」


魅力の三角形。

これがなあ~。おいしかった!
ペラペラ楽しくて温まって腹持ちがいいのだから。
ついつい食べすぎてしまいました。(夕飯パスしたデスョ。)

ごちそうさまでした。あふ~幸せ。



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)