Sさんの古道具。

むかしむかし、古い家を一軒借りて一人暮らししていた頃、
足踏みミシン、オーディオレコード、謄写版、などなど、ガラクタの中で
暮らしていました。テレビ、冷蔵庫、洗濯機は持ちませんでした。

よく遊んでくれたSさんは、やはり古いもの好きで手作業が好き。
なんでも直してしまう少年のようなおじさまでした。
去年の暮れにお亡くなりになり、さみしい思いをしておりましたら
遺族の方からご連絡いただき、遺品をお譲りいただくことになりました。



どれもこれも大事な代物ばかりです。
持ち帰り、すぐに洗ってみがきました。
道具として使えるモノは、なるべく使うようにして
動かないモノでも昔のモノはなんとも美しいので、
お店でオブジェにさせていただこうと思います。

お店に古くて面白いものが飾ってあったら、
それはSさんの宝物かもしれません。

ありがとうございます。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)