竹木舞の記録。

玄関の袖壁に竹木舞を掻いていただくことに。



こんな竹用の便利な道具があって、



こうして、



バラッと、いくのであります!



節を落として、



こうしてノミを使った丁寧な仕事をするのですねえ・・・。



結ぶ、編む、にも技がいっぱい。



できました!む~。美しいものですね。
しばらくこのままにしておきたいと思うほど、
なんだか古来の伝統の技の詰まった玄関となりました。



そして、こちらの希望に添って丸窓を開けてくださいました。
うれしい!。理想を簡単に上回ってしまいました~。
乾くまでしばらくおやすみです。

棟梁、ありがとうございます。





スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)