集結したお大工さん達。

思えば、去年の十月はじめに地鎮祭を行い工事開始。
厳しい寒さの冬を越えて、朝日で春を迎え、
ようやくの開店でありました。





この期間、たくさんのお大工さん達が集い
いろいろなドラマがあり、学びもたくさんありました。





まず、工期や予算内で出来るのかわからない路線に踏み切った
若き棟梁
が立ち、その棟梁を慕い、きちんとした仕事がしたいという
高い志を持ったお大工さんたちが集結した現場であったというコト。


当たり前のことをするには時間もかかります。
今の世の中の流れは車のように早く進んでいますけれど、
現場は、ちょっと昔の、きちんとした日本のお大工さんの仕事でした。


ほんとうにふじもりは運が良かったです。


こちらの勉強不足で、いろいろご苦労おかけしましたので
ほんとうにささやかではありましたが
感謝をこめてお蕎麦会を開きました。


ご縁を結んでくださったきんぴらさんにもおいでいただき
やっと大切なひと節目を迎えられました。


この流れを引き継ぎ、背筋が伸びる思いがいたします。

ご縁に感謝。
ありがとうございます。





スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)