カブとはぐ。



「カブを土の中に残しておくと春に菜の花が楽しめるわよ。」

おとなりの畑の小笠原さんに教えていただいたもので、
小さなカブは残しながら進んでおりましたら、

「ボリボリボリボリ!」はぐがカブを掘り起こして食べはじめました。


「おいしいなぁ~、ボリボリ」

拾い食いした時はかなり叱りますが、
自分で野菜を収穫して食べているんだから、これはヨシとする。

はぐは、ちゃんと収穫した方のカブには手を出さない。
食べる時は自分で掘りおこすのだから。

人間が着ぐるみを着て入っているんじゃないかと
たま~に思ってしまう。人間くさい犬である。




スポンサーサイト

COMMENTS

いい子ですね

春に花の咲く前の茎や葉はとてもやわらかくおいしいですね。同じ村の住民です。はぐちゃんに会いに行きたいです。宴会もできるんですね。

よろしくどうぞ。

冬薔薇さん、朝日村はいいところですねえ。みなさんに良くしていただいて有難いです。いつでもはぐに会いにきてくださいネ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)