「くるみっくる」な時間。


「よかったら、おひとつどうぞ。」
と、お勧めすると、くるみを割り始めるお客さん。



少しすると、そのおとなりには新しいお客さんが。

お客さんB(後):「あのー、、そのくるみ、注文するんですか?」

お客さんA(先):「いえいえ。くるみ割り器を試しているんデス。
よかったら、どうぞ。ここに入れると割れるんです。」

お客さんB 「そうなんですね!ありがとうございます。
くるみって、健康にいいってテレビで以前見ました。」

なんて、おとなり同士で会話がはじまり、
お客さんAは先にお帰りになりました。

しばらくすると、空いた席にまた新しいお客さん。

お客さんB:「このくるみ、よかったらどうぞ。これ(くるみ割り器)で割って食べれるんです。」

そんな今日の1コマ・・・

「いいなあ~っ・・・」てうなる、くるみっくるさんの妄想が現実に。



店内にくるみっくるさんのコーナー始まりましたヨ♪

木の実を割って食べるってさ、
なぁんか、無性にいい時間デス。




スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)