金継ぎ愉し。



金継ぎセットなるものを手に入れ、「いつか」と思いつつ
4年も手元で温めてしまいました。

欠けたり割れたりした器は山となり・・・
GWになんとか間に合わせたくって「えいやっ!」っと
解説書を読みながらやってみました。大量を一気に。

失敗してもやり直しが効くので助かる。
何度か失敗を繰り返し、1ヶ月間乾かして、なんとかGWに間に合いました。

初めてウルシは緊張しましたが大丈夫みたい。晴々!


ホントウ下手っぴ。けれど、またやり直します。
これなら大好きな器と一生付き合ってゆけるかもしれない。

そんな訳で、金継ぎの器に当たった方、
デビュー作品ですのでご容赦願います。

古来からの技法をこんな風に自宅で始められて大満足。






スポンサーサイト